どの科に相談するべきなのか?

>

パートナーである配偶者にまず報告しよう

性病の感染は相手に隠さないで!

結婚を前提として真面目にお付き合いをしているカップルも中にはいると思います。
近年になって、女性の梅毒の感染が目立つようになってきた事から、カップルの間でもお互いの体の為に、性病検査を受ける事が増えてきました。
通常であれば、交際相手には性病の感染は知られたくない事だと思いますが、伝えないといけないケースもあるのです。

それは、女性が妊娠した時です。
前の記事でも紹介したと思いますが、性病を放置しておくと胎児に大きな障害が残る可能性があるからです。
性病の中には脳まで達してしまう恐ろしい性病もあるのです。
大切な命の為にも、性病に感染した場合には相手に報告をして相手にもきちんとした検査を受けて早期に治療する事が重要なのです。

浮気や風俗が原因の場合は?

性病に感染するリスクについてですが、知らない内に相手が性病に感染している場合もあるのです。
特に、彼氏や彼女以外との性行為をした時に多いみたいです。
性病は自覚症状が表れるまで一定の潜伏期間があるので、症状が出た時点ですでに、恋人にも感染している可能性もあります。

性病の感染ルートがはっきりとしている場合なら、浮気をした相手にも性病の事実を伝えて治療をしてもらう事も重要です。
相手がいくら健康体だからと言って性病の感染はしていないだろうと言うのは、都合の良い考えであり相手の事を大切に考えていない証拠です。
原因が後ろめたい事であっても、たとえ別れ話を切り出されたとしても内緒にしないで正直に伝える事がお互いの為にも良い方法だと思います。