性病に関する相談は誰にすべき?

どの科に相談するべきなのか?

婦人科や内科でも相談可能です

男性の場合は、性病の症状が表れやすいのが前立腺になります。 主な性病についてですが、性器クラミジアが多いと言われています。 排尿時にしみたり、熱い感じがすると言う症状から始まり、放置しておくとクラミジアは尿道の中に侵入してきます。 菌が睾丸や前立腺の奥まで侵入すると炎症を起こし腫れたりして激痛を伴います。

きちんと親と医師に相談する事が重要です

近年になって性行為を行う年齢が徐々に低くなりつつあるような気がします。 その為、未成年者で性病にかかる男女が年々増えてきている傾向にあります。 キスや避妊をしていたからと言っても、感染力の強い性病も沢山存在します。 未成年の場合は、検査や治療は親の許可が必要な事もあるからです。

泌尿器科に相談するのがベストです

女性の場合だと、性病にかかると体にも大きな負担になってしまいます。
何故かと言うのも、女性は妊娠します。
性病にかかると胎児に大きな影響を与えてしまう可能性もあるからです。

今は、比較的若い年代に性病が蔓延していると言われています。
その背景にあるのが、複数人数との性行為にあると言います。
性病にかかっても始めの内は多くが症状が出ない事があるので、すぐに病院に行く人が少ないです。

ですが、女性は男性よりも性病にかかっているかの判断がしやすいと思います。
分かりやすいのが「おりもの」の変化です。
通常のおりものは無色透明であり、排卵期になると粘りがあり少しドロッとしている事があるのですが、性病になるとまず色が変化します。

匂いも腐ったような匂いがして、膣の中が痒くなったり、性器の周りにヘルペスや水泡が出来てしまいます。
激しい痒みとポロポロとしたカスが出てくるようになると、間違いなく性病に感染しています。
おりものは、女性の膣の中を清潔に保っているだけではなく、性病に感染していないかを判断するバロメーターでもあるのです。
女性は特に、月経に毎月なるのでその時にも抵抗力が落ちていたり体力が低下していると性病に感染しやすいそうです。

性病に感染したら、恥ずかしいと思わずにすぐに婦人科か産婦人科を受診しましょう。
妊娠時に感染してしまうと、胎児に感染するリスクも高まり、結膜炎や新生児肺炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

パートナーである配偶者にまず報告しよう

性行為の相手が夫婦の場合だと、特定されている事が多いのですが、近年になって夫婦の間でも性病にかかる人達が出て来ています。 経験があれば誰でも性病にかかる危険性はあります。 もし、どちらかが性病になってしまったら、医師に相談する事も重要ですが、まずは配偶者に言って一緒に治療するのが大切だと思います。